技術
TECHNOLOGY
技術の研究開発を企業の発展の源泉とし、たゆまぬ技術革新を追求する
Shenzhen Colibri Technologiesは、高度な統合設計、R&D、機械加工、およびプロジェクト管理機能を備えた、技術に基づく産業オートメーション企業です。国家レベルのハイテク企業として、研究開発は企業の成長の中心であり、私たちは常に高品質の製品を創造し、技術革新を追求することを目指しています。
研究開発組織
Colibriは、テクノロジーセンターとビジネス部門のR&D部門で構成される2級研究開発システムを確立しています。技術センターの主な機能は、会社の技術開発の方向性を計画し、最先端の技術を開発と促進、ビジネス部門に技術サポートを提供することです。事業部門の研究開発部門は、プロジェクトに関連するカスタマイズの開発を主にしています。Colibriの2級研究開発システムはR&D作業を効率的、秩序正しくの実行を促進するのに役立ちます。
Colibriは、独立研究と産学連携を組み合わせた研究開発モデルを採用しており、独立したイノベーションを強調しながら、関連する科学研究機関との連携にも十分に重視しています。2015年2月、深セン人事・社会保障局も、ポスドクのイノベーション実践拠点の設立を承認しました。
専門的な研究開発条件
Solidworks R&DプラットフォームとIPD(統合製品開発)R&D管理システムの導入により、CoribriはR&D効率を向上させ、非常に効果的なR&D管理エコシステムを確立しています。電子研究所、機械研究所、光学研究所、信頼性研究所を設立しています。2013年に当社のR&Dセンターは「深セン精密自動化試験技術技術研究開発センター」と評価され、2015年に当社の研究所は「深センインテリジェントアセンブリオートメーションキーテクノロジーエンジニアリング研究所」と評価されました。Colibriの優れた設備は、製造の革新的なニーズを満たし、その技術的優位性を維持することを保証します。
十分なテクニカルリザーブ
Colibriは、独立したイノベーションを主張し、j自主知的財産権を持つコアテクノロジーを勢いよく開発しています。長年の開発後、当社は強力な独立した研究開発能力を有しており、新製品開発と新プロセスの改造において、かなりの研究結果を達成しました。マシンビジョンと光学、精密センシングとテスト、モーションコントロールとロボット工学、ソフトウェア技術と精密機械設計の5つの主要分野で業界に関連する技術を習得し、技術基盤は継続的に統合されてきました。
強力な技術応用能力
Colibriは完全な新製品開発と設計プロセスを確立し、多数のコアテクノロジーを蓄積し、強力な技術応用能力持っています。10年以上の開発の後、当社は本業界に関連するマシンビジョンと光学、精密センシングとテスト、モーションコントロールとロボット工学、ソフトウェア技術と精密機械設計の5つの分野を習得し、モバイル端末、新エネルギー、電子タバコ、ハードドライブ、医療および健康産業に使用されています。近年、当社はインテリジェント製造、複雑なシステムモーションコントロール、生産情報管理システムソフトウェアに関連するマシンビジョンと画像処理の分野における研究開発において大きな進歩を遂げました。開発された技術とソフトウェアは、さまざまな自動組立および検査生産ラインに適しています、生産効率を向上させました。当社は蓄積されたコアテクノロジーをベースとして、既存のアプリケーション分野をさらに掘り下げ、さまざまなテクノロジーの組み合わせを柔軟に適用して顧客のニーズを対応し、テクノロジーのアプリケーション領域をさらに拡大し、新興または未開発の分野を探究し、市場機会を獲得します。
エキスパートR&Dチーム
当社には、テストと組立分野で豊富な経験を持つ、研究開発および技術応用の専門家とチームのグループがあります。当社の中核技術者は全員、自動化業界で10年以上の経験を持っています。当社のR&Dチームは、精密機械、電子機器、ソフトウェア、自動化制御、光学、マシンビジョンの専門家で構成されており、高品質で効率的なR&Dチームは継続的なイノベーションの基盤を築きます。